「関西バンド紹介 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【関西バンド紹介】「LINE wanna be Anchors」


こんばんは!
久々に関西バンド紹介します。
これからはマメに更新したいと思います、お付き合いくださいヽ(● ´ ー ` ●)/





「虹が見える」そう感じたのは、はじめてライブでこの曲を聴いた夜だったー


LINE wanna be Anchors、彼らは京都の男性4人のギターロックバンドである。文学的であり叙情的な歌詞を、静と動のサウンドで奏でる。夜がよく似合うバンド、ボーカルの声色がセクシー、とにかく色気がある、というのが彼らとの出会いの記憶である。(のちにメンバーのうちの3人と私が同い年ということを知り、異性と言えどどうすればそんな色気がでるの、と真剣に悩んだのは言うまでもない。)

2013年8月16日、彼らのニューシングル『ラストシーン / また君を待つ』がリリースされた。以前からライブで演奏されている楽曲で、ライブ会場で購入することの出来る1枚だ。
まずは“ラストシーン”。先にも述べたように、彼らの楽曲は夜を感じる。しかし、ラストシーンを聴いた率直な感想は、「虹が見える。」雨上がりの空から射し込む陽の光、架かる虹を眺める、そんな情景が頭に浮かんだ。歌詞にしばしば登場する <映画> を、強みであるギターサウンドが主人公に扮し、ラストシーンへと駆けるようだ。駆けるギターをナビゲートするベースサウンド、さぁ行けと後押しするドラム。ドラマチックな曲展開に鳥肌が立った。サビ前の囁き、そこからの広がりは特に必聴である。不器用な主人公(自分)の進む道は、一本筋にはいかないし先だってくすんで見えない、人にだって見えないし、なおかつやり直せない。自分の描いた自分を紆余曲折を経ながら、“ラストシーン”へ。
次に“また君を待つ”。こちらは“ラストシーン”とはうって変わって、夜を感じる1曲である。LINE wanna be Anchors節と言おうか、静と動が曲の質をぐっと引き上げる、色気のある切ないメロディーだ。特にベースライン。終始低音から高音まで、うねりを上げるように踊っているのが、ボーカルとマッチして実に良い。20歳の頃の自分の音楽への迷いを歌ったという。不器用さが垣間見える繊細な歌詞に、不安と強い意志を感じた。不安と希望は紙一重だ。嘘や建前で固められた世界は進んでいくけれど、自分の真実を求め続ける。不器用さや劣等感、そして自己愛の強い自分が大人になるにつれて生んだ、紛れもないあの頃の存在証明。

昨年のMASH A&Rの月間優秀アーティストにノミネートされたり、また現在、eo music try2013の2次審査に進出したり、着実に実力をつけている。ファンを連れて大きなステージへ立つ日は、そう遠くはないかもしれない。
彼らはライブのMCでよく「ぶっ殺す」と言う。生ぬるい女子大で4年間を過ごしている私にとって、殺伐としたこの一言は衝撃でしかなかった。しかし、今なら「ぶっ殺す」の意味がわかる気がする。なぜなら私は、LINE wanna be Anchors、彼らの奏でる音楽にぶっ殺されたからだ。今このブログを読んでいるあなたも、ぶっ殺されにライブへ足を運んでほしい。



LINE wanna be Anchors 公式HP
→http://linewannabeanchors.web.fc2.com/

今後のライブスケジュール
8/21@下北沢ERA
8/22@渋谷CLUB乙
8/27@名古屋CLUBロックンロール
8/28@名古屋UP SET
9/13@心斎橋FAN J(ツアーファイナル)

9/16@福岡四次元
10/12@鈴鹿ANSWER
(Twitter @LINE_info より抜粋)

eo music try 2013 アーティストページ
http://eonet.jp/musictry/2013/nominate/detail.cgi?artist_id=40


written by 桐木 啓江

【関西バンド紹介】「tricot」

こんばんは(n´—`n)
今日から不定期に、関西出身バンド・アーティストを紹介する記事を書こうと思います。
といいますのも、近年の関西のミュージックシーンは本当にアツいと感じているのです。楽曲の良さ、ライブパフォーマンスからの魅力、またコンテストでの受賞。パワー溢れる関西バンドをこのブログ「Lighter」で紹介し、少しでも知っていただければと思います。

初回は、人気爆発中のカッコかわいい彼女たちを紹介しますヽ(゚∀゚)ノ




tricot

京都府・滋賀県出身のバンド。
「このメンバーなら凄い事が出来る(絶対)!」と確信し、2010年、中嶋イッキュウ(Vo&Gt)、キダ モティフォ(Gt&Cho)、ヒロミ・ヒロヒロ(Ba&Cho)のkomaki♂(Drums)で結成された。
独特でスリリングな変拍子の楽曲、耳から離れない中毒性の高いサウンド、そして、会場全体を余すところなく巻き込んでしまう爆裂するライブパフォーマンスが、彼女たちならではの世界観を生み出している。 
2012年は、定期的なライブ活動に加え、京都大作戦をはじめとする大型フェスに出演し注目を浴び、2013年は次世代バンドの登龍門、スペースシャワー列伝 JAPAN TOUR 2013に参戦した。さらに、2012年に発売された2ndミニアルバム『小学生と宇宙』がCDショップ大賞・関西ブロック賞を受賞した。
また、4月24日には1st シングル『99.974℃』をリリース。そのシングルを引っさげ5月22日から「お友達と行く!沸騰ツアー2013 〜梅雨〜」が開催される。
(公式HP Biographyより一部抜粋)


“99.974℃”

99.974℃99.974℃
(2013/04/24)
tricot

商品詳細を見る


想像不可能の曲展開だ。先にも述べたよう、tricotは独特でスリリングな楽曲が持ち味であるが、まさにこの99.974℃は彼女たちの持ち味を発揮していると感じる。変拍子でありながらも、オーディエンスが一発でのれてしまうサウンド、骨太なリズム隊のサウンドに、踊るようなギターのアルペジオ。途切れそうながら力強い歌声に、惹きこまれる。サビは一転、正統派ロックな頭に残るさわやかなメロディーで、これがまたギャップでありスリリングだ。まさに、想像不可能。スペースシャワー列伝 JAPAN TOUR 2013にて披露されたが、1stシングルとしてリリースし今後のツアーでこの楽曲がどんな風に色付けされ、どんな大きな形になるか期待大である。


tricot 公式HP
⇒http://tricot.tv/


written by 桐木 啓江

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。