スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【オトアソビ出演バンド紹介③】Lop Abuse On Somebody

こんばんは!!イベントまで残すことろあと3日!!!!
今日はオトアソビvo.1 に出演していただくバンドさん、Lop Abuse On Somebodyについてご紹介します。




空気を切り裂くインストバンド

 2012年4月結成。関西を中心に活動する4人組ポストロックバンド。静と動が交じりあった激しくも繊細な音を鳴らすバンドである。
音源も素晴らしいのだが、私はとにかくライブを観て欲しい。ボーカルがない分、とにかく音にストイック。そして、アグレッシブなパフォーマンスとカラクリのような曲展開に目を離せなくなるのだ。

 このバンドをを初めてライブで観た時の印象が「真夜中の嵐」。
薄暗いステージで降り注ぐリズム隊のダークな音と、繊細なギターのメロディーラインの組み合わせは豪雨を彷彿させたし、サビの盛り上がりは落雷のよう。また、嵐の後の優しい光が差し込むような、柔らかくもエモーショナルな音も鳴らしていた。
そして何より、時折叫声を上げながら演奏する力強いパフォーマンスに鳥肌が止まらなかった。



Lop Abuse On Somebody/「001」
残響ショップにも並べられている1st full album「Predawn」の1曲目を飾る曲である。
1音目で「カッコイイ!」と思わせる力強いイントロ。かと思えば一転、繊細なギターの旋律...と予測不可能で複雑な曲展開は彼らならではの魅力だ。

Text by 石川瑞萌



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。