スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【関西バンド紹介】Tequeolo Caliqueolo


こんにちはヽ(● ´ ー ` ●)/
みなさん台風は大丈夫ですか?
Twitterで、関東方面の冠水の写真や電車の運転見合わせの掲示板の写真などを見て、とても驚いています。
外出の際は気をつけてくださいね。
関西は、先月の台風ほど被害はないようで、すっかり今は晴天です!




2014年は俺らが作ります ー

Tequeolo Caliqueolo、テキョロカリキョロと読む。インパクトのあるこの名前に、意味はないらしい。京都発、平均身長165.2cmの男性5人組ミニマム級ポストパンクバンドである。極彩色で踊るオルタナティブをテーマに、UKロックをあらゆる視点から色とりどりに昇華させたギターロックバンドだ。私の身長が高いのもあるが、物販側で出番を待つ彼らの姿を見て、小柄なバンドだなと思っていた。しかし、ステージではその小柄さを全く感じさせない圧倒的なパフォーマンス、まさに魅了された。

10月12日、京都の木屋町DEWEYにて。ヘルメットにサングラス姿の5人がフロアの真ん中を通りステージに上がる。彼らの入場スタイルだ。「前へ、前へ!」とフロアを煽るボーカルの姿に自然と足が前へ。同日開催の某サーキットフェスに対しての挑戦状を叫び、アツいステージが始まった。体が動き出すメロディーラインにノリノリのフロア。温まってきた会場をコール&レスポンスで一体感を持たせる雰囲気作りに、おおおっと思わず口に出るくらい感心した。彼らなりのHIP HOP、クールな空間を演出する1曲、フロアを歌い歩くパフォーマンス、さまざまな表情を魅せるTequeolo Caliqueoloにどんどんハマっていったのであった。ラストに演奏した”Whammy”。以前見たライブで1番印象的だったので、この日も絶対聴きたいと思っていた楽曲である。キレキレなギターから始まり、うねるようなベースと安定感のあるパワフルなドラムが支える。キーボードのキャッチ―なメロディーとともに重ねられるバランスのとれたサウンド、それをリードする高音の美声は、踊れと言わんばかりにフロアに降り注ぐ。サビでは一緒に〈 Whammy, Whammy, you 〉と声を上げたくなる。燃え上がるような30分間のステージは、勢いの冷めやらぬまま幕を閉じ、もっと魅せられたいという気持ちを残していった。

今年の聖地じゅんれい!のオープニングアクトをつとめたり、出れんの!?サマソニ、RO69JACK 13/14の審査を通過したりと着々と地盤を固めているTequeolo Caliqueolo。「関西のバンド、たくさん良いのがありますが、2014年は俺らがリードするので取り残されないように」 MCの際に言い放たれた前衛的なこの一言に震えた。この注目度の高い関西バンドシーンにおいて今後、きっとTequeolo Caliqueoloは最重要バンドになると確信した。とにかくライブを体感してほしい。私がこう発言する根拠が、前衛的な一言の根拠が、彼らの小柄な体から溢れ出しているから。


公式HP
http://tequeolo.jimdo.com/


今後のライブスケジュール
10/20@京都BLUE EYES
11/02@京都MOJO
(夜の本気ダンスとの共同企画)
11/04@天王寺Fireloop/Fireloop2001/Fireloop Studio
ALTEMA2013

RO69 JACK 13/14 一次通過アーティストページ
http://jack.ro69.jp/contest/jack1314/artist/2522

(公式HP biography/scheduleより一部抜粋させていただきました)
text by 桐木啓江

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。