スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】『OVERTONE』/KEYTALK


OVERTONE (初回限定盤A)OVERTONE (初回限定盤A)
(2014/05/21)
KEYTALK

商品詳細を見る


ここまできたか、4人の天才音楽家たち。

聞こえてくる音の趣き深いことったらありゃしない。美の世界。それはなにも、メロディーだけではない。歌詞やギターのフレーズ、ドラムの音色、全てになめらかさがある。聴いていて、心にぐっとくる。そこにあるのは、J-POPを聴いて育った彼らから生まれた、日本の歌謡曲独特の「和」。KEYTALKを語るうえで欠かせない、和の楽しさである。

めまぐるしい転調を見せたかと思えば、サビは現代のアニメソングを思わせるような中毒的なメロディーの“バミューダアンドロメダ”からはじまり、このアルバムのリード曲にもなっている“MURASAKI”。これがまた最高傑作。<知らないような女抱いて 知らないふりをして 囁けば耳元で 消えてくありがとう>といった色っぽい歌詞に、心くすぐられる歌謡のメロディー。気を抜いて聴いていると、うっかり涙がこぼれてしまいそうになる。わりとアップテンポなのに、なぜか切ない気持ちになってしまうのだ。まさにKEYTALKでなければ生み出せない曲である。小野武正(Gt./Cho)が作曲した“はじまりの扉”は、メロディーの起伏が激しいのだが、音の流れが綺麗なおかげで、耳なじみが良い。ギターのリフと時々入るコーラスもアクセントになっている。“YGB”は八木優樹(Dr./Cho.)がはじめて作曲に挑戦した曲だが、初めてとは思えないほどクオリティーが高い。そして面白いことに、これまた八木以外のメンバーが作れないような曲なのである。勢いがあって、力強くて、楽しくて、男らしい曲だ。個人的に、野球の応援歌にピッタリだと思う。

『OVERTONE』、とんでもない作品になった。4人が自分たちの力を最大限に出し、新たな「パラレル」ワールドへの扉を開けている。この作品を聴き終わった後に感じるのは、KEYTALKは確実に一歩進んだ、ということ。今までのKEYTALKにはあまり見られなかった「色気」のある“MURASAKI”、非日常な世界を描くトリッキーな歌詞とサウンドが特徴的な“BEAM”、ふざけたことで曲がさらに色づいた、“お祭りセンセーション”、可愛いらしいワルツ風の“Siesta”、・・・・・・それぞれが作る曲の良さを保ちつつも、新しいことにチャレンジした様子がすぐに伺える。そして見事にそれが成功しているのだから、実力をつけてきたな、と感じずにはいられなかった。4人の天才音楽家たちが作るサウンドに魅了されっぱなし。お互いがお互いの個性を認め合い、出せる良い所は出し合うといったチームワークさえ感じるこの1枚。今後のKEYTALKがどうなっていくのか、全く予想がつかないが、予想がつかないだけに楽しみで仕方がない。

                                            Text By 原 なつの(@natsu_notty)
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。