「泉井 麻由(@ijui_mayu) 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】『1-2-3』 / THE BAWDIES

再び開かれたロックンロール

1-2-3(初回限定盤『DVD付き』『全国全県ツアー第二弾発表公演のチケット先行抽選予約シリアルナンバー封入』)1-2-3(初回限定盤『DVD付き』『全国全県ツアー第二弾発表公演のチケット先行抽選予約シリアルナンバー封入』)
(2013/01/16)
THE BAWDIES

商品詳細を見る

 彼らが『1-2-3』の曲を紹介する上で、欠かさないキーワードがある。「開く」。今までも決して閉じていたわけではない、求める者には必ず「開い」ていたし、いつでも私たちファンを楽しませてきた。しかし、今、改めて「開い」たのだ。それが何を意味するか。より多くの人が親しみやすいロックンロールになった、これだ。
 今まで、THE BAWDIES対リスナーの構図はキャッチボール的だったと思う。愛や熱を、全力で投げ、全力で受け止める。じゃあ、このアルバムはなんだ。都会に降る雪のような、幸せが降り注いでくる、そういったところだろうか。使い古されたような言葉が一番しっくりきてしまった。愛や熱を受け止める準備などできていなくとも、そんなのはお構いなしだ。
 1曲目、アルバムの「顔」となる曲 “DANCE THE NIGHT AWAY”は、誰もが聴いたことのあるようなロックンロールのリズムに、それぞれの音色によってTHE BAWDIESらしさを光らせる。久々に使用したピアノもその良いエッセンスになっている。そしてこのアルバムには、もう1曲、アルバムの「顔」候補があった。6曲目“LISTEN”だ。ROYが推すが、6曲目になった。アナログレコードの場合、A面B面が存在するが、この曲はB面1曲目という大役を任ぜられた。ここが隠された始まりであることを意識して聴くと、おもしろいかもしれない。今回は、『LEMONADE』収録の“GET IT”に引き続き、JIM(G)作曲の“SHA LA LA”も収録された。MARCY(D)が鳴らすハイハットの音と、ギターの高音域の軽やかな歪みが、その爽やかさを演出する。「優しく歌うROYくんの声がまた良いんだよ」(JIM/アルバム先行視聴会にて)と、JIMが惚れ込んだROY(Vo&B)の歌声にも注目していただきたい。またTAXMAN(Vo&G)がボーカルを務める曲はアルバムには必ず収録されているが、今回はどこか違う。“TAKE A CHANCE”はどことなく女性ボーカルの楽曲的な要素を感じさせる。TAXMANの歌の語尾がくねっと、なんだかセクシーな1曲だ。
 そして初回盤限定収録の“1-2-3”。アナログマルチレコーダーを使用して、制作時間わずか1日で仕上げられたこの曲。 “DANCE THE NIGHT AWAY”から“SING YOUR SONG”の全11曲で『1-2-3』は1度完結している。その延長線上にある曲ではない。これもアルバムのもう一つの「顔」だ。熱量が半端ではない。彼らが伝えたかった「初期衝動」は損なうことなく、ガツンと響いてくる。ただのカッコいい曲で終わらせてほしくはない。というのも、初回盤に付いてくるDVDには、この曲の制作過程がドキュメンタリー映像として収録されている。ここで注目していただきたいのは、曲を世に出すことの大変さだ。1曲作るのに、かかる労力が身に染みる。それはどんなアーティストのどんなCDにも言えることだ。CDが売れないといわれる今こそ見てほしいDVDだ。今回のアルバムはタイアップ曲も多く収録されていることもあって、いろんな層のリスナーが手に取ることだろう。「開か」れたこのアルバムに、そんなDVDをつけるのは大変意義がある、感慨深い。
 全体を通し、一貫して言えることは、コーラスが空間的広がりを生み出す上で大きな役割を果たしているということだ。ROYの歌声も「歌う」ということに力点を置いたような、尖ったというよりは、丸みを帯びたそんな歌声だ。確実に声を自分のものにしたなという印象を受ける。ただただ音が前に出てくるというよりは、それぞれの音色が目を合わせながらも、自分たちで好きなように踊っているかのような。広がったり、きゅっと縮まったり、飽きさせない工夫がそこら中になされている。また、ハンドクラップによって、想像させるのは、それを聴いて楽しんでいるファンの姿だ。ロックンロールがダンスミュージックであるということを改めて感じさせられる。
 私たちが生まれるずっと前、ロックンロールはポピュラーミュージックで、大衆を楽しませてきたものであったこと。しかし、いつからか、ロックの1分類にカテゴライズされて、一部の人達しかその楽しみ方を知らなくなってしまった。そんな今に「1、2、3!」と風を吹かせる。再び、ロックンロールの扉が多くの人に「開か」れた。飛び込んでしまえば、あとは彼らに任せればいい。今を共に生きる彼らだからこそ鳴らすことのできるロックンロールで、みんなで踊ればいい、簡単なことだ。

Text by 泉井 麻由 (twitter @ijui_mayu)
スポンサーサイト

【レビュー】『コンビニエンスハネムーン』 / チャットモンチー

当たり前になる前に

コンビニエンスハネムーンコンビニエンスハネムーン
(2012/09/12)
チャットモンチー

商品詳細を見る


 チャットモンチーが奥田民生プロデュースのニューシングル「コンビニエンスハネムーン」をリリース。「コンビニエンス」と「ハネムーン」、相反する言葉の組み合わせがおかしくも可愛らしい。暖かいギターのサウンドにクラップやタンバリンで素朴さの中に華やかさをプラスした楽曲に仕上がっている。なんとこの曲のタンバリンを担当しているのは民生氏、なんとも豪華な楽曲でもある。大好きな人との出来事は、何気ないことでさえすごく特別なもの。でもこんな特別もどんどん当たり前になっていく、その当たり前になる前を思い出せてくれる。
 カップリングには石井明美のカバー「CHA CHA CHA」を収録。シンセサイザーの音がまるでスーパーマ○オの効果音のようでなんだか懐かしい。
 来月には2人体制になって初のアルバム「変身」をリリースするチャットモンチー。来月が待ちきれないくらい、今回も彼女たちの大きさの見えない引き出しから最高の音楽が飛び出した。

Text by 泉井 麻由 (twitter @ijui_mayu)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。