スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音小屋大阪生が選ぶ!2013年ベストアルバムvol.7 (吉田紗柚季)

2013年ベストアルバム:tofubeats『lost decade』
 ベストアルバム記事とは名ばかりのトーフビーツ考察 ~J-R&Bとネット音楽活動、2点からの再確認~



Amazon.co.jp: lost decade: 音楽
http://www.tofubeats.com/

 2012年7月、神戸に住むほとんど無名の大学生がリリースした1枚のEPが、突如iTunes Music Storeチャートの1位に登りつめた。トラックメイカー兼DJ・tofubeatsの『水星 EP』である。リード曲で本作にも収録されている「水星 feat.オノマトペ大臣」は"2010年代の「今夜はブギーバック」"との呼び声高く、ネット社会に生まれついた私たち若年世代の名曲だ。


「i-pod i-phoneから流れ出た データの束いつもかかえてれば/ほんの少しは最先端 街のざわめきさえもとりこんだ」


 (おそらく)中学時代に2chスレでDTMの作り方を覚え、高校在学中にはインターネットレーベル・Maltine RecordsbandcampSoundCloudなどで多くの楽曲を無料公開、これまでYUKIやももいろクローバーのリミックス、清純派HIPHOPアイドルLyrical Schoolの楽曲制作などクライアントワークもこなしながら精力的に活動してきた彼。昨年11月には森高千里との子(神聖かまってちゃん)をゲストボーカルに迎えたEP『Don't Stop The Music』で、きゃりーぱみゅぱみゅやパスピエらも所属するワーナー内のレーベル・unBORDEからメジャーデビューした。本作はその前に出されたインディーズ時代最後のフルアルバムで、昨年春に大学を卒業した本人曰く"卒業制作"らしい。続きを読む
スポンサーサイト

音小屋大阪生が選ぶ!2013年ベストアルバムvol.6 (杉村利江・桐木啓江)


こんばんは!明日からRADIO CRAZY、COUNTDOWN JAPANですね(^^)
参加される皆さん、ケガや風邪にじゅうぶん注意して挑んでください。投稿者は残念ながら朝から夕方までバイトなので、FM802のライブ音源を楽しみにしています☆
では本日のベストアルバムです!!




sakanaction (初回生産限定盤CD+Blu-ray)sakanaction (初回生産限定盤CD+Blu-ray)
(2013/03/13)
サカナクション

商品詳細を見る

sakanaction / サカナクション

6枚目となったアルバム『sakanaction』。タイアップ付きのポップなシングル曲と、“INORI”をはじめとするマイノリティな曲が同居していてこのアルバムはまさに表裏一体…みたいなことはよく語られているので、ある曲をピックアップして違う視点から書いてみます。

発売前、収録曲のタイトルが発表された際、ひと際目を惹く曲があった。“なんてったって春”。「なにこのタイトル?キョンキョン?」多くの人がそう思ったのではないだろうか。しかし蓋を開けてみると、アイドルの華やかさとはかけ離れたものだった。

ダンスミュージックでありながら、歌謡曲のような哀愁漂う歌詞と童謡のように口ずさみたくなるメロディーが混ざり合っている。懐かしさを感じるメロディーと歌詞の切なさ。でありながら、ダンスビートが心地よく響き自然と体を揺らしていく。意外な化学反応が斬新で面白い曲だ。

加えて注目したいのが、この曲の歌詞が「音化」「リズム化」していること。語感やリズムを重視し、言葉の「音としての気持ち良さ」が追求されている。とくにサビはそれが顕著で、初めて歌詞カードを見たとき「そう歌ってたんだ!」と驚いた人も少なくないはず。リズムや音のように言葉を楽しむ。その感覚がこの曲をよりダンスチューンに変えている。しかし、だからといって歌詞が無茶苦茶かといえばそうではなく、前述した通り哀愁や切なさを持ち合わせている。言葉のリズムと歌詞の意味。そのふたつを擦り合わせながら、できあがったのがこの絶妙なグルーヴだ。

“なんてったって春”以外にも“Aoi”や“アルデバラン”など歌詞が音化している曲がある。しかしその一方で“ミュージック”や“僕と花”のように、ストーリー性のある歌詞が存在感を放つ曲もある。それがシングル曲であることから考えると、歌詞が重視されるJ-POP、メジャーに向けて作られた「表」、歌詞ですらリズムな曲は「裏」だ。タイアップやメディア露出を積極的に行い、多くのリスナーの注目を浴びている今。歌モノだけが音楽じゃない。カラオケで盛り上がることだけが音楽の楽しみ方じゃない。彼らは音楽の奥深さをこのアルバムで伝えようとしたのではないだろうか。

自分たちの音楽とリスナーが求めているもの、そして音楽シーンの将来まで見据えて音楽を創る彼ら。紅白歌合戦に出場が決定し、その発信力はもう十分なものであろう。サカナクションの音楽が音楽シーンやリスナーにどのような影響を与えるのか。そんなところも注目したい。

Text by 杉村利江(@__youth)




NON SUGARNON SUGAR
(2013/06/05)
Brian the Sun

商品詳細を見る


NON SUGAR / Brian the Sun

あのころから尖ったままの僕らを。

私の2013年ベストディスクは、Brian the SunのNON SUGARである。このCDとは、はじめてBrian the Sunのライブを体感した日の、彼らの物販で出会った。彼らのパフォーマンスを目の当たりにし、圧倒された私は、気付くと物販で、このアルバムくださいと大声をあげていた。

このアルバム、NON SUGARといいつつも、楽曲タイトルのうち4曲が甘いものの名前なのである。糖分は充分だ。それはさておき、彼らの原点である閃光ライオットでの演奏曲“Naked Blue”や、ブレイクのきっかけとなった“Sister”などが収録され、満を持してリリースされた彼らを象徴する重みのある1枚になっている。歌うようなメロディーラインの正統派ロックナンバーは最大の魅力である。そんな中でも、甘くほろ苦い青春まっさかりな楽曲、大人になったからこそ理解できるようなバラード、みんなで合唱できるようなアップチューン、とにかくバリエーションが豊富である。現在大学4回生の自分にとって、学生時代の思い出を思いかえすにはもってこいの1枚だと感じている。

「俺は音楽はじめたときから尖ったまんまや!!!」Vo.Gtの森がライブで発した言葉で一番印象に残っている。音楽の道を若くから志した彼の瞳には、心には何が映っているのだろう。NON SUGAR、そんな尖ったままのBrian the Sunを覗くことのできる一枚だ。私の文章を読んで、彼らに少しでも興味を持ってくれたなら、Brian the Sunとあなたのスタートラインに、NON SUGARを捧ぐ。

Text by 桐木 啓江

音小屋大阪生が選ぶ!2013年ベストアルバムvol.5(田中宏一郎・石川瑞萌)

こんばんは!クリスマスも終わって、残るところ今年もあとわずか。
音小屋大阪のベストアルバム特集も大詰めです!!





youth(青春)youth(青春)
(2013/11/14)
bloodthirsty butchers

商品詳細を見る



瑞々しい轟音の彼方に僕らを連れて行ってくれたかと思えば、気付いたときにはそこに置き去りにされてしまっていたんです。


 bloodthirsty butchersが、吉村秀樹が最後に遺したアルバム『youth(青春)』がこの世に放たれた。身を削り、血を搾るような活動で日本のロックシーンにおいて生きる伝説と呼ばれてきたブッチャーズ。しかし、このアルバムから感じられる彼らのエモーションは、伝説という過去の記憶に成り下がるのではなく、今鳴らされるべき音楽として私たちに響く。

 アルバムのファーストトラック“レクイエム”。<人は死んだらここから消えて何処へ行くんだろう>の一節が耳に入るだけで完全敗北を悟る。自らの死さえも作品に閉じ込めてしまったかのような、というより、このアルバムには吉村秀樹が宿っていると言い切ってしまった方がいいのかもしれない。「次のアルバムはね俺の最高傑作な音像なのよ、つまり説明がつかないの、早く早く人の気付く間より早く早く、情熱。まだまだアルヨハードコア。」吉村が亡くなる3日前にツイッターにて告げたアルバムへの思い。まさしくその通りで、前作『NO ALBUM 無題』や、不朽の金字塔『kocorono』 を凌ぐ傑作のアルバムとなっている。
 田渕が奏でるメロディは、それ以外で成立はあり得ないと思わせ、もはやブッチャーズにとってその代名詞と言えるほどの存在感を放っている。射守矢のベースラインはより独自性を尖らせ、リズム楽器という枠組みから解き放たれた豊かな表現を見せる。そんなフロントのメンバーを後ろで支える小松のドラムによるうねりを持ったリズムには、身体よりも心を揺らしてしまう。彼らを束ねる吉村の歌は、誤解を恐れずに言えば、童謡を歌う子供のような、いつまでも私たちにあり続ける記憶に直接語りかけてくるようだ。
 つらつらと文句を並べてやればあたりまえのブッチャーズを思い浮かべるかもしれないが、つまり、『youth(青春)』はbloodthirsty butchersが現在進行形でbloodthirsty butchersであることの証明なのだ。そして。四半世紀以上のキャリアを持つ彼らが、このようなアルバムを完成させたことは、彼らが伝説ではなく、今を生きてきたバンドだということを証明している。

Text by 田中宏一郎(@tanakou_INM





望郷 (初回限定盤)望郷 (初回限定盤)
(2013/05/22)
cinema staff

商品詳細を見る


ふるさとへ

あなたには故郷はあるだろうか。私は関西に移り住んで3年目。それまで田舎に住んでいたため、はじめは都会での1人暮らしに舞い上がっていた。しかし、ふと、故郷を思い出して、やけに帰りたくなるときがある。そして、「あぁ、やっぱり私の場所はあそこなんだな」と認識させられる。そんな故郷を思い出させてくれる作品こそ、今回の私のベストアルバムだ。

 タイトルは『望郷』。cinema staffメジャー移籍後の初フルアルバムである。「故郷に胸を張って持ち帰られるようなものでありたい」という想いでつけられた。そして、コンセプトは「許し、受け入れること」。彼らが故郷、岐阜を離れてから2年。もがき、苦しみながらも受容することで成長する…。上京後2年間の様々な想いがぎっしり詰まった1枚だ。

 アルバムは作品の核となる、“望郷”から始まる。夜明け前の故郷を彷彿させるイントロの後、Vo.飯田の美しく伸びやかな一声目〈灯りをつけたのは~〉で、「このアルバム、絶対良い!」そう確信させられた。続く、2曲目の“西南西の虹”では打って変わってバキバキの攻撃的なサウンドを披露。また、5曲目の“日記”では、久野の流れるようなドラムにアコースティックギターを乗せて、しっとり歌い上げる一曲を。ゴリゴリのベースから始まる7曲目“いたちごっこ”では、〈早く消えろ!〉と焦燥感たっぷりの飯田の声が響く。最後を飾る“溶けない氷”では、ゲストにチェロを呼んだ9分にも及ぶバラード…。
 彼ら独特のポップなギターロックはそのままに、静と動の二面性の幅がさらに広まったように感じた。それに伴って4人の演奏もより繊細・ダイナミックになっており、1曲1曲の壮大感を生み出していた。

 
 「岐阜県から来ましたcinema staffです!」。今年7月、このアルバムを引っ提げてのツアーでそう叫ぶ三島を見て、彼らの故郷を思う気持ち、この言葉の重みを改めて感じた。
大好きな故郷を離れ、音楽1本でやっていく。良いことばかりではなかったはずだ。しかし、このアルバムを通し、彼らは苦しみも喜びもすべて受け止め、大きく前へ踏み出したことを証明した。

 気持ちが辛くなったときこそ、是非このアルバムを聴いてほしい。〈その孤独と手を取り合うあなたはとても美しい でも未来と手を取り合うあなたは更に美しいでしょう〉(望郷より)
彼らの強い信念がにじみ出た楽曲が、私たちの背中を押してくれるはずだ。



Text by 石川瑞萌(@sigre999)




音小屋大阪生が選ぶ!2013年ベストアルバムvol.4(肥塚雅裕)



20/20 Experience:Complete20/20 Experience:Complete
(2013/10/01)
Justin Timberlake

商品詳細を見る



The 20/20 Experience/Justine Timberlake




実に前作から7年ぶり。満を持してジャスティン・ティンバーレイクが帰ってきました!




その間は主に俳優としての活動をメインとしていて、ミュージックシーンからは一歩距離を置いていたジャスティンですけど、この復活アルバムがまたとんでもないんです。

なにがとんでもないのかというと曲の長さ。

ほとんどの曲が7分超の大作ばかりで、12曲収録にも関わらずアルバムトータルの長さは70分を超え、全曲がインタールード的な役割を担っております。

本人曰くプログレロックやレッド・ツェッペリンに影響を受けたらしいんですけど、だとしてもですよね。
初めて聴いたときの衝撃たるやなかったです。



そんなに1曲が長かったら聴いてるうちにダルくなっちゃうんじゃない? っと思ったアナタ、私も最初はそう思ってました。

しかーし心配はご無用、全体を通してクールなビートに豪華なホーンセクションが存分に散りばめられていて聴いてるうちに、まるでアメリカのセレブのホームパーティに招待されたような、なんとも贅沢な気持ちになり、時を忘れてジャスティンワールドへ誘われていきます。


そして極めつけはやはりジャスティン様のボーカル!
艶やかで官能的でソウルフルで。

王者Jay-Zを客演にむかえた2曲目のSuit & TieはJay-Zと息の合ったマイクリレーでスウィートな歌声を響かせてます。横綱相撲です。

しかしながら白眉はなんといっても8曲目のMirrors!
この曲も例に漏れず8分を越える大曲なんですが、それでもメロディーは抜群にキャッチーでこのアルバムのコマーシャルな部分を一手に引き受けてる曲です。
甘くてエロティックな歌声が注目されがちなジャスティンですけど、この“Mirrors”では彼の中に宿っているソウルを存分に感じることができ、涙を誘います。




このアルバム、全米では1週間で97万枚という驚異的なセールスを記録し、一躍今年の音楽シーンの顔になったジャスティン。 メインストリーム中のメインストリームに君臨するスーパースターの本気をまざまざと見せつけられた贅沢極まりないアルバムでした。


彼はマイケル・ジャクソンやマドンナのように国や世代を超えて愛されるポップスターになるための条件が全て揃った、時代に選ばれた男だと思います。


しかし、本国での人気と比較して日本で騒がれてないのも事実。



来日して欲しいーー!


Text by 肥塚雅裕(@honjuras

音小屋大阪生が選ぶ!2013年ベストアルバムvol.3 (汐碇隼人&清水夏海)


sakanaction (通常盤)sakanaction (通常盤)
(2013/03/13)
サカナクション

商品詳細を見る



『sakanaction』/サカナクション

 「マジョリティの中のマイノリティ」彼らの根底にある音楽シーンでの在り方が顕著に現れた意義のあるアルバムである。このアルバムが出来上がるまでにサカナクションはCMやドラマ主題歌、NHKサッカー公式テーマソングと数々のタイアップをこなしてきた。認知度は言うまでも無く、彼らの楽曲本来の良さも数多くの人に広まったはずである。そんな中、「彼ら自身が求める音楽」と「聴き手が求める音楽」との微妙なズレやバランスを吟味し、自分たちの音を鳴らすことの重要性がこのアルバムの制作に多大な重圧をかけたに違いない。それにも関わらずアルバムタイトルに彼らのバンド名を選んだ、その彼らの覚悟と自信、挑戦には胸が熱くなった。
 本題のアルバムはと言うと、出だし『intro』に続き2曲目が『INORI』13曲目『ストラクチャー』とインストゥルメンタルになっており、彼らの頑固さというか柔軟さというか、サカナクション的布石を感じ思わず笑みが零れた。また、アルバムには大型タイアップ曲が4曲も含まれるとあって聴き手として今作品はシングル感の強い煌びやかなアルバムで一気に(商業的にも)勝負にでるのでは!?という表向きな期待があったかもしれない。実際に自分も少なからずその気持ちはあった。ところが意外なことに『ボイル』、『映画』、『mellow』などその他、実際の楽曲たちはどこか部屋の中の音楽のような、ポジティブさや煌びやかさよりも、寧ろ内向的なイメージを彷彿とさせるものとなっていた。彼らが常に意識し、よく口にする「良い意味での裏切り」そのものであった。正真正銘、彼らのバンド名が相応しいアルバムに仕上がっている。また、本作品は山口一郎の自宅にメンバーを集め制作されており、より彼らの生活感や思い描く音が色濃くアルバムに反映されているのを感じる。大型タイアップを経て、膨大なリスナーの期待を背負う中ドロップされるこのアルバムの重要性は計り知れないものであっただろう。そんな逆境をも糧にして完成されたこのアルバムは、彼らの追求する表現の自由度を増させ、バンドとして鳴らせる音とそうでない音の振れ幅の再確認と再構築をもたらすサカナクション自身にとっても意味のあるアルバムになったに違いない。
 このアルバムで「彼ら自身が求める音楽」と「聴き手が求める音楽」とを絶妙に混ぜ合わせることでサカナクションはさらに濃密な深化と真価を手に入れることができただろう。そして、彼らは新たなるステージへとまた深く深く潜るのである。私たちは彼らと一緒に音楽の真価と喜びを『朝の歌』とともに迎えたい。

Text by 汐碇隼人(@agjhp1116)








NEWCLEARNEWCLEAR
(2013/03/06)
Analogfish

商品詳細を見る




「未来に希望は、」


 「NEWCLEAR」。アナログフィッシュにとって1年半ぶりのリリースとなったアルバムだ。タイトルはおそらく、原子力や核兵器を意味する「Nuclear」をもじってつけられたのだろう。2011年の大震災とそれに伴う原発事故の影響が、今もなお深い爪痕を残し、未だ問題視され続けている。あの日から、この国の「普通の日常」は失われた。しかし、いつまでも立ち止まることは出来ないから、「日常」はいびつに形を変えながらも流れていく。以前と同じように街で生活を営んだり、何かを夢見たり、誰かを愛したりしながらーー。どこか鎮静歌を連想させるスロウな4曲目“抱きしめて”は、そういう意味で象徴的な1曲である。

<危険があるから引っ越そう/遠いところへ引っ越そう>

 冒頭で歌われるこれは、きっとあの日以降誰しもが考えたり頭をかすめたことだろう。そして歌詞は、<ねえどこにあるのそんな場所がこの世界に/もうここでいいから思いっきり抱きしめて>と続く。桃源郷の存在を否定するという諦めのようにも取れる部分だ。しかし、誰かを必要としたり愛したりするという、以前と変わらない「日常」性も同時に垣間見える。

 続く5曲目“GOLD RUSH”では、心地よいカッティング・ギターを響かせながらも、<GoldRushは行ってしまったよ>と、不景気の虚しさを描く。かと思えば、アップテンポで疾走感のあるアルバム8曲目(であり、私がいちばん好きな曲!)の“STAR”は、<世界の終わりで立ち尽くした/僕たちは気付き始めていた/夜を越え踏み出した荒野で/輝く星をつかまえるのさ>と、まっすぐなパワーに満ち溢れ、希望さえ予感させる。ライヴでこの曲を披露する時、佐々木健太郎(Vo&Ba)が笑顔を撒き散らしながら、腕をぶんぶん振り回してベースを弾き、歌を唄う。この曲を聴くと、なんとなくモヤがかかったような「日常」が、少しずつクリアになっていくのが分かる。

 そうなのだ。このアルバムは、不安やある種諦めを含む「Nuclear」な部分を漂わせながらも、終わりに近づくにつれ、「New」で「Clear」な色へ、いびつな日常を塗り替えていくのだ。その変化の表象かはわからないが、バンド名とアルバム名が書かれたモノクロのジャケット(スリーブケースである)を取ると、シャーベットカラーが混ざり合ったカラフルな歌詞カードが登場する。ジャケット、アートワーク共に物語性を含んでいて、まるごとすべてを大切にしたくなるアルバムだ。

Text by 清水夏海(@Spmpm72


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。