スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【オトアソビ出演バンド紹介③】Lop Abuse On Somebody

こんばんは!!イベントまで残すことろあと3日!!!!
今日はオトアソビvo.1 に出演していただくバンドさん、Lop Abuse On Somebodyについてご紹介します。




空気を切り裂くインストバンド

 2012年4月結成。関西を中心に活動する4人組ポストロックバンド。静と動が交じりあった激しくも繊細な音を鳴らすバンドである。
音源も素晴らしいのだが、私はとにかくライブを観て欲しい。ボーカルがない分、とにかく音にストイック。そして、アグレッシブなパフォーマンスとカラクリのような曲展開に目を離せなくなるのだ。

 このバンドをを初めてライブで観た時の印象が「真夜中の嵐」。
薄暗いステージで降り注ぐリズム隊のダークな音と、繊細なギターのメロディーラインの組み合わせは豪雨を彷彿させたし、サビの盛り上がりは落雷のよう。また、嵐の後の優しい光が差し込むような、柔らかくもエモーショナルな音も鳴らしていた。
そして何より、時折叫声を上げながら演奏する力強いパフォーマンスに鳥肌が止まらなかった。



Lop Abuse On Somebody/「001」
残響ショップにも並べられている1st full album「Predawn」の1曲目を飾る曲である。
1音目で「カッコイイ!」と思わせる力強いイントロ。かと思えば一転、繊細なギターの旋律...と予測不可能で複雑な曲展開は彼らならではの魅力だ。

Text by 石川瑞萌



スポンサーサイト

【オトアソビ出演バンド紹介②】 the films

こんばんは!
オトアソビvol.1に出演していただくアーティストさん、今回はthe filmsについて紹介させていただきます♪♪



憂いを帯びた歌声

the films、2012年に結成された、シューゲイザー・ポストロックを軸に独自の展開を繰り広げた、関西を拠点にしている男性3人組のバンドである。憂いを帯びているサウンドや切ない歌声、聴かせるバンドだなと感じた。優しいグリーンのような存在感、ステージを降りると一転、人懐っこいキャラクターなのが良い。

“朝は汚された。”という一曲を紹介する。タイトルの“朝”からも連想することができる、夜明けの前の静けさを想像させる、柔らかなイントロからはじまり、そこにVo.蔵屋の儚げな歌声が沁みこむ。陽が昇るように、徐々に速度を増すメロディー展開。疾走感のあるギターは、まるで街の騒がしくなってゆく様子のよう。曲中、ギターとベースが絡み合うような旋律が多く、歌詞の中でたびたび登場する、求め合う孤独な“僕ら”みたいだな、と感じた。何もないはずだった、しかし、モノクロな世界を切り開くと、何かによって汚された、自分のいつもと違った朝。

the films、切なくもキラキラしていて、すがすがしい。




Text by 桐木啓江

【オトアソビ出演バンド紹介①】 HeLLioRoid


こんばんは!
音小屋大阪初の企画イベント・「オトアソビ」開催まで、あと2週間ほどとなりました。
今日は出演バンドであるHeLLiRoidの紹介をしたいと思います! 要チェックです!






――いつかの「あの日」を思い出して。

 大阪を活動拠点とするギターロックバンド、HeLLioRoid(ヘリオロイド)。古川徹也(Vo&G)が2009年に立ちあげ、幾度かのメンバーチェンジの末、長崎裕徳(Dr)が2011年に、森康宥生(Ba&Cho)が2012年に加入し現在に至る。シンプルなギターロックだが、どこかノスタルジーを感じさせるサウンド、少しの憂いを含んだヴォーカルの声が特徴だ。


↑20分と少し長いが、是非見てほしいライブ動画。MCもアツくていいのだ。

 今回は、森が加入した後の初音源、『星の少女』を紹介したい。2曲入りなのだが、正反対の性質を持った楽曲が揃っており、彼らの2つの側面が見える作品となっている。

 表題曲“星の少女”は、ミドルチューンのラヴ・バラード。冒頭のベースソロに重なるイントロのギターが、青く切ない音像をつくり出し、ドラマチックに展開していく。恋模様と情景を重ねて描かれている歌詞は視覚的で、聴く者の目の前に風景を映し出す。また、「不安定」、「不穏めいた」、「不器用」などのワードが多用されており、思春期特有の心のゆらぎを浮かび上がらせる。いつのものだかも分からないような、「あの日」の景色を思い出し、なんともノスタルジックで切ない気分にさせられる。

 2曲目“ソングライター”は、“星の少女”とは真逆の、スピード感ある尖ったナンバーだ。<切って貼った運命に嗚咽した小説家の/赤く染まった凶器に触れた気がした moon night>と出だしの歌詞にあるように、“つくり手”である者には、宿命のように苦悩が纏わりつく。乱暴とも言えるであろうイントロのギターは、そんな心情を落とし込んでいるようだ。サビのあとから展開されていく間奏では、歪んだギターにどんどんうねりを増すベースの音が絡まっていき、心の中のグチャッとしたものが増幅されていくような気分になる。決して爽快な気分ではないはずなのに、この変な高揚感はなんだろう。そんなある種の「気持ち悪さ」が、あえて込められている気がしてならない。

 昨年には2度の自主企画を成功させたり、LIVE AWARD 2013の決勝に進出し、BIG CATのステージを踏んだりと勢いを見せている。事実、ライヴのたびにグルーヴに磨きがかかっており、ライヴハウスへ足を運ぶのが楽しみなバンドだ。ぜひ、オトアソビで彼らのライヴを体感してほしい!


Text by 清水夏海【@Spmpm72

【イベント】音小屋大阪のイベント、オトアソビとは?

2月21日(金)に開催が決まりました、音小屋大阪初の企画イベント、オトアソビ。
「オトアソビって、何?」というお声を聞きましたので、まとめてみました!

オトアソビ開催の経緯、私たちの気持ちから、詳しい日時と場所、出演者情報、
更にはチケットに関するQ&Aも記載しています!

是非一度、目を通してみてください。


                                企画者一同






【音小屋大阪presents 『オトアソビ』って?】


 『オトアソビ』は、私たち音小屋大阪のメンバーが企画・運営をしているライブイベントです。関西を拠点に活動している私たちが、「関西の音楽シーンを、関西から盛り上げていきたい!」という思いから始めたイベントです。出演されるアーティストさんも、関西圏内を活動拠点としている方々に声をかけさせていただきました。もちろん、会場も関西圏にあるライブハウスを使わせていただきます。
 つまり、『オトアソビ』は、関西の関西による関西のための企画ライブ(に、なればいいなぁ…(笑))です。関西圏を中心に活動している私たち音小屋大阪のメンバー、アーティストさんたち、そして関西に住む音楽ファンの皆さんが一丸となって楽しめる、活発なイベントにしていきたいです。もちろん関西圏外の音楽ファンの方も大歓迎です。関西の音楽シーンの空気を、是非一緒に共有してみませんか?
 また、イベントタイトルにもある『オトアソビ』は、「音(音楽)で遊んでもらおう」という思いが込められています。ツアーを回っているアーティストのライブに行くと、「関西はノリが良い」、「関西のお客さんはアツい」などという言葉をよく聞きます。ということは、「ノリの良さ、オーディエンスのアツさこそが関西の音楽ファンの特徴なのではないか」と私たちは考えました。そんな関西のリスナーの皆さんが「音(音楽)で遊んで楽しめる」ライブイベントにしていきたい。これが、『オトアソビ』の名前の由来です。




【日時、場所】


オトアソビvol.1の開催日時は2月21日(金)、
場所はなんばHatchにほど近い、湊町VOLCANOです。



大きな地図で見る

開場は19時、開演は19時30分からです。お仕事がある方も参加しやすいと思われます。




【出演者】

the films
HeLLioRoid
Lop Abuse On Somebody

チケット代は1500円+500円(ドリンク代)です。


【おみやげ!】


オトアソビでは、当日足を運んでくれたお客様におみやげをプレゼントいたします!

① コンピレーションCD
出演していただくバンドの皆さんから1ずつ曲をいただき、それを1枚のCDにまとめました。
当日の思い出に、ぜひお持ち帰り下さい!

②オトアソビ券
「“次から”オトアソビ内で使える300円引き券」をプレゼントします!
これは全員ではなく、数人に当たるようになっています。
当日配るコンピレーションCDの中にそっと紛れているので、
手に入れた際はそちらもご確認ください!



【Q&A】


Q.チケットはどのように手に入れるのですか
A.チケットはすべて取り置き制となっています。いわゆるe+やローチケなどのプレイガイドには出しておりません。ご了承下さい。

Q.チケットの「取り置き制」って何ですか?
A.「取り置き制」とは、イベント企画者(オトアソビでは音小屋大阪)か、出演アーティストに連絡をして、「参加公演の名前もしくは公演日、自分の名前とチケット枚数」をあらかじめ伝えておき、会場に行ってから代金とチケットを交換する制度のことです。

 オトアソビでは、音小屋大阪のTwitterアカウントへのDM、またはアーティストのTwitterへのDMもしくはメールアドレスでのお取り置きを受け付けております。
音小屋大阪Twitter:@otokoyaosaka
the films:@the_films_
HeLLioRoid:@hellioroid
Lop Abuse On Somebody:@LAOS_Official


Q.キャンセルは出来ますか
A.可能です。
 その際特別なご連絡はなくても構いません。ただ、音小屋大阪のメンバー及びアーティストは、皆さまに来ていただきたい気持ちでいっぱいです!

Q.当日はどのようにしてチケットを引き換えれば良いですか?
A.入り口のスタッフに、取り置きメールを出した企画者(音小屋大阪)もしくはアーティストの名前と、自分の名前、チケット枚数を言っていただくだけで大丈夫です。分からないことがあっても、気軽にスタッフにお声をかけてくださいね。

その他質問がありましたら、いつでも音小屋大阪のTwitterアカウント(@otokoyaosaka)へご連絡ください。そこで承りました新たなご質問も、このページに付け加えて行きます。






私たちも初めてのイベントで、至らないところも多いかと思います。
でも! 出演してくださるバンドさんたちは素敵な方々ばかりです。
ぜひこの機会に、一度ライブを見に来ていただければなぁと思います!

また随時情報を追加していきますので、チェックよろしくお願いします♪

【関西バンド紹介】Tequeolo Caliqueolo


こんにちはヽ(● ´ ー ` ●)/
みなさん台風は大丈夫ですか?
Twitterで、関東方面の冠水の写真や電車の運転見合わせの掲示板の写真などを見て、とても驚いています。
外出の際は気をつけてくださいね。
関西は、先月の台風ほど被害はないようで、すっかり今は晴天です!




2014年は俺らが作ります ー

Tequeolo Caliqueolo、テキョロカリキョロと読む。インパクトのあるこの名前に、意味はないらしい。京都発、平均身長165.2cmの男性5人組ミニマム級ポストパンクバンドである。極彩色で踊るオルタナティブをテーマに、UKロックをあらゆる視点から色とりどりに昇華させたギターロックバンドだ。私の身長が高いのもあるが、物販側で出番を待つ彼らの姿を見て、小柄なバンドだなと思っていた。しかし、ステージではその小柄さを全く感じさせない圧倒的なパフォーマンス、まさに魅了された。

10月12日、京都の木屋町DEWEYにて。ヘルメットにサングラス姿の5人がフロアの真ん中を通りステージに上がる。彼らの入場スタイルだ。「前へ、前へ!」とフロアを煽るボーカルの姿に自然と足が前へ。同日開催の某サーキットフェスに対しての挑戦状を叫び、アツいステージが始まった。体が動き出すメロディーラインにノリノリのフロア。温まってきた会場をコール&レスポンスで一体感を持たせる雰囲気作りに、おおおっと思わず口に出るくらい感心した。彼らなりのHIP HOP、クールな空間を演出する1曲、フロアを歌い歩くパフォーマンス、さまざまな表情を魅せるTequeolo Caliqueoloにどんどんハマっていったのであった。ラストに演奏した”Whammy”。以前見たライブで1番印象的だったので、この日も絶対聴きたいと思っていた楽曲である。キレキレなギターから始まり、うねるようなベースと安定感のあるパワフルなドラムが支える。キーボードのキャッチ―なメロディーとともに重ねられるバランスのとれたサウンド、それをリードする高音の美声は、踊れと言わんばかりにフロアに降り注ぐ。サビでは一緒に〈 Whammy, Whammy, you 〉と声を上げたくなる。燃え上がるような30分間のステージは、勢いの冷めやらぬまま幕を閉じ、もっと魅せられたいという気持ちを残していった。

今年の聖地じゅんれい!のオープニングアクトをつとめたり、出れんの!?サマソニ、RO69JACK 13/14の審査を通過したりと着々と地盤を固めているTequeolo Caliqueolo。「関西のバンド、たくさん良いのがありますが、2014年は俺らがリードするので取り残されないように」 MCの際に言い放たれた前衛的なこの一言に震えた。この注目度の高い関西バンドシーンにおいて今後、きっとTequeolo Caliqueoloは最重要バンドになると確信した。とにかくライブを体感してほしい。私がこう発言する根拠が、前衛的な一言の根拠が、彼らの小柄な体から溢れ出しているから。


公式HP
http://tequeolo.jimdo.com/


今後のライブスケジュール
10/20@京都BLUE EYES
11/02@京都MOJO
(夜の本気ダンスとの共同企画)
11/04@天王寺Fireloop/Fireloop2001/Fireloop Studio
ALTEMA2013

RO69 JACK 13/14 一次通過アーティストページ
http://jack.ro69.jp/contest/jack1314/artist/2522

(公式HP biography/scheduleより一部抜粋させていただきました)
text by 桐木啓江


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。