スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【The SALOVERS特集】フロントマン・古舘佑太郎インタビュー

今回のThe SALOVERS『床には君のカーディガ ン』特集にあたって、 なんとThe SALOVERSのフロントマン・古舘佑太郎さんにインタビューを敢行することに成功しました!
精力的に活動を行っており、直接というのは難しいので メールで質問をして、答えていただくという形をとっております。 回答は括弧など少し手を加えはしましたが、ほぼ原文通りですので、 インタビュー内容と共にそちらもお楽しみいただければ。さあ、サラバーズと同世代の音小屋大阪メンバーとのインタビューはどうなったのでしょう!?
初めての試みにも関わらず、1つ1つの質問に真摯に答えてくださった古舘さんに感謝を込めて。


――4/3にリリースされた『床には君のカーディガン』ですが、今までのThe SALOVERSとまた違った、青春感溢れるものになっていると思います。ライブで披露された時にその変化にとても驚いたのですが、サラバーズもしくは古舘さんの中で何か大きな変化があったのでしょうか?

「これと云って、大きな変化があったわけではないです。
  ただ僕が作る曲のほとんどは、その時の自分自身の姿や考えが大きく投影されています。なので、昔の日記を読めば、誰もが恥ずかしいほど自分が変わっている事を実感するのと同じで、昔の曲と今の曲では、全く別物に変わっていても不思議ではないと思っています。今までの作品を順を追って聴いてもらえれば、わかるのですが、サラバーズは毎回変わって行ってるんです。何処に向かうのかは、知りませんが」


――『床には君のカーディガン』はメジャーレーベルで初の全国流通盤シングルということで、バンド史上最も不特定多数に届きやすい作品なのではないかと思います。今作を聴いて私が最初に思ったのは、3曲とも明るい曲だな、ということでした。
 もし、世間で最もオーソドックスな「シングル」の型に今作を無理やり当てはめたなら、表題曲“床には君のカーディガン”以外の2曲は、また別の側面を反映した、もっと「B面的な」曲調になったのではないでしょうか。逆に、近年、多くのアーティストが取り入れている「シングルを小さなアルバムとして見た」作り方をするなら、それでもやはり、これほどポップな曲調に特化した作品にはならなかったでしょう。
つまり今作は、以上2パターンのどちらにも当てはまらない作品ではないかと感じました。収録曲でバンドの振れ幅を見せるようなことをあえてせず、アッパーな曲調に絞り、裏表のない作品にした理由を教えていただけますか?


「去年の9月に1st Full Album『珍文完聞 ―Chin Bung Kan Bung―』を発売して以来の、リリースなのですが、何故この時代にわざわざシングルを出す必要があったのか、CD自体が売れないのだから、シングルはもっと皆が買ってくれないだろう昨今にです。実は理由は単純で、先程も述べた"サラバーズの変化率"に関係しています。『前作とはまた全く異なるバンドになった!早く皆に紹介したい!』、これだけです。一刻も早くリリースするにはアルバムを作るには、時間がなさすぎたので、3曲に"イマのサラバーズ"を詰め込みました。だから、到底振り幅をひけらかす必要も今回はなかったのです」


――上に「3曲とも明るい曲だな」と思った、と書きました。しかし、歌詞のベクトルは3曲ともいい意味でバラバラでエッジが効いていて、似たような曲ばかりという印象は全くありません。曲調を統一しながらもそれぞれの曲の個性を浮き立たせる点で、こだわったところがありますか?

「歌詞にストーリー性を持たせると云う、新しい試みに今回は挑戦しました。昔のように散文的に言葉を並べてく事は、一切してないので、今考えるとそのこだわりがポイントになっているかもしれません」


――“床には君のカーディガン”PVの最後の、藤川さんがドラムセットめがけてメンバーに投げられるシーンと、“不景気脱出大作戦”の最後の、メンバーがふざけあいながら恥ずかしい話を暴露するトラック、どちらもハイテンションで、メンバーの素の顔やお互いの扱いがサラバーズをよく知らない人でもなんとなくわかってしまいそうなのが面白いです。
 冒頭に書いたように、バンド史上最も不特定多数に届きやすいと思われる今作で、このような工夫を凝らした理由はなんでしょうか?


「10代の頃と、音楽に対しての向き合い方が変わったからだと思います。昔は、自分のために音楽をやっていました。むしろ、周りの物事や人からの全てを、遮断して自分だけの空間を作るためにやっていた節があります。しかし、今は皆に自分のことを知ってもらいたい、もっともっと輝きたいって思ってます」


――“春のサリー 〜神社に寄ろう〜”と“不景気脱出大作戦”は、『バンドを始めた頃』ぶりのセルフプロデュースとなったと思うのですが、前の時と比較して、苦労したところはありますか?

「全くなかったです。むしろ、物凄くあっけなく終わってしまいました。正確には分からないのですが、多分メンバー共々少しスキルアップしたのだと思います」


――トラックの最後の「みんなCD買ってくれてありがとう、ライブで!」というメッセージや、iTunes Music Storeで“不景気脱出大作戦”は曲単位の購入ができずアルバムのみでの配信になっていることから、このトラックはYoutubeの視聴や曲単位の購入だけでなく、パッケージで3曲合わせて聞いてもらえることへの感謝という意味が強いのではと推測しました。
 「表題曲」が存在するシングル形態でありながら、パッケージで3曲まとめて聞いてもらえることに重きを置いたのはなぜでしょうか?


「サラバーズの青春は、一曲じゃ語れない!カップリンク、ジャケット、シークレット全てで感じて欲しい!!って感じです」


――前作『珍文完聞 ―Chin Bung Kan Bung―』時のインタビュー(『MUSICA』 2012年9月号)で、「『お先真っ暗、何が悪いんだよ』っていうことを言えるような人になりたい」とおっしゃっていましたが、この”不景気脱出作戦”で早くもその地点に到達したように感じます。それについて、古舘さん自身ではどう思われますか?

「あ、そんなことを言いましたね。今思い出しました。今の自分、ちょっぴり到達してるかもしれません。でも、まぁまた落ち込んだりしたらカッコ悪いのであまり大声では言わないようにします」


――『珍文完聞 ―Chin Bung Kan Bung―』リリース後から、何回かライヴを観ているのですが、昨年の9月のライブと最近のライブを比べると、ステージパフォーマンスがより堂々としてきて、オーディエンスを魅せるライブになってきたと思います。ライブを行なっていった中で、バンド内で何か変化はあったのでしょうか?

「ライブは積み重ねなんです。劇的に良くなったとしても、次の日にはまた戻ってたりするんです。そんなのを繰り返して行くうちに、気付いたらライブのクオリティが前より良くなっているんです。僕らは音楽で知り合ったメンバーではなく、小さい頃から一緒のただの友達で組んでるんです。だから、凄い下手くそだったけど、最近わかって嬉しかったのは、サラバーズは"ライブバンド"なんだって事です。これに気付いてからはライブが楽しいです」


――今回のシングルを聴いて、次のアルバムでまた新たな世界を見せてくれるのではないかという期待が更に膨らみました。次の作品はどういうものにしたいかなど、 考えているのでしょうか?

「考えてはいるのですが、コロコロ変わるので予測不能です。ここで、明言しても真逆になったりするので。笑」


The SALOVERSファーストシングルレコ発ツアー 〜床には君のカーディガン〜
6月6日(木) 渋谷 CLUB QUATTRO
6月14日(金)福岡 DRUM SON
6月15日(土)梅田 CLUB QUATTRO
6月23日(日)名古屋 APOLLO THEATER

http://thesalovers.com/

スポンサーサイト

【The SALOVERS特集】『床には君のカーディガン』ディスクレビュー③

The SALOVERS特集『床には君のカーディガン』ディスクレビュー第3弾です。
私が愛してやまないサラバーズの魅力が少しでも伝わりますように!


等身大のサラバーズ

『珍文完聞 ―Chin Bung Kan Bung―』 から半年、またもやサラバーズは私を驚かせてくれた。この1stシングルはどこまでも青く、爽やかな1枚。インディーズ時代の尖っているサラバーズからは想像しがたく、振り切れた明るい曲調に、「どうしたんだ!?」と思わずにはいられなかった。“床には君のカーディガン”、“春のサリー”では、今までコラージュのようだった古舘の詞がストーリー性に開花しており、聴手に1つの情景をくっきりと思い描かせる。また、“不景気脱出大作戦”では、お茶目なトランペットと共に、〈我らこそが有名なロストジェネレーション〉と声高らかに歌い上げる。そして、『ディタラトゥエンティ』からお約束!?となったシークレットトラック。全ての楽曲から感じられるのは、これが「等身大のサラバーズ」なのだということ。彼らの音楽が身近に感じられるのは、背伸びをしていないからだと思う。〈誰かわかれよ〉(『バンドを始めた頃』収録曲“バンドを始めた頃”)と叫ぶインディーズ時代の彼らも、このシングルの彼らも、その時のそのままの彼らの姿なのだ。次は一体、どんな姿を露わにしてくれるのかと思わず期待してしまう魅力が彼らにはある。そして、これだから、このバンドからは目が離せない。

Text by 須藤千尋(@hiros_3373




【The SALOVERS特集】『床には君のカーディガン』ディスクレビュー②


昨日から始まりました、サラバーズ特集『床には君のカーディガン』のディスクレヴュー第二弾です!
これを期に、サラバーズリスナーが更に増えることを信じて。





青春の形


 今まで私が聴いてきたサラバーズの楽曲は、“フランシスコサンセット”と“オールド台湾”だけだ。つまりはファンではなかったし、お恥ずかしながらあまりチェックしてこなかったのだ。
 だが今作では収録曲3曲ともポップに振り切ったギターサウンドをしていて、上にあげた2曲とも異なっていることに私は驚いた。なのに歌詞は、表題曲“床には君のカーディガン”でいわば「ワンルームの中の」愛情を、“春のサリー 〜神社に寄ろう〜”で昔の恋への未練を、
“不景気脱出大作戦”では曲名通り、楽天的なパワーで日本経済のがん上げを歌う。全部違うベクトルを向いているのだ。表題曲のPVで、最後にドラムセットに向かってダイブさせられている(Dr.)と音源の最後に入れられたメンバーのおふざけトークも印象的だった。青春感というとまず恋や情熱、若さゆえの繊細さなどを思い出すが、ファンでなくともメンバー間の扱われ方が分かる妙に生々しいこのトークも、正に青春している。ショップの作品紹介に書くだけじゃ収まらない、ありとあらゆる青春が詰められていた。

Text by 吉田紗柚季



【The SALOVERS特集】『床には君のカーディガン』ディスクレビュー①

The SALOVERS『床には君のカーディガン』特集にあたって

4月3日に1st シングル『床には君のカーディガン』をリリースしたThe SALOVERS。昨年の9月にリリースしたアルバム『珍文完聞 ―Chin Bung Kan Bung―』では、メジャーデビュー盤にふさわしい、みずみずしさと勢いがありながらも、様々な顔を見せてくれた。そんな彼らの1st シングルは、とにかく青春感満載の1枚。「今後、サラバーズはどうなっていくのだろう?」という期待が膨らみに膨らんでいく。これからの音楽シーンにとって欠かせない存在になるであろうサラバーズ。同世代の僕らが追うしかないと思い、特集を組むことと決めた。
 ディスクレビューを皮切りに今日から、さまざまな角度から今のサラバーズを語っていきます。中には音小屋大阪初めての試みも!どうぞご期待ください。




どうしようもなく愛おしいバンド、サラバーズ。

サラバーズにとってメジャー初となるシングルは、圧倒的にサラバーズなのにサラバーズじゃない。そんな意味の分からない印象を受けた。前作『珍文完聞 ―Chin Bung Kan Bung』が僕の中で会心の出来で、これを超えるのは無理なのでは?と勝手に思っていた。しかし、そんな心配なんて笑い飛ばしてしまう程、ポップで爽快で馬鹿馬鹿しいのだ。収録されている3曲のどれを取っても、以前のような尖りに尖ったサウンドはない。ここにあるのは、研ぎ澄まされ、より日常に近づいた歌詞と今バンドが楽しくてしょうがない衝動だ。特にぶっ飛んでいるのが“不景気脱出大作戦”。タイトルからして既にぶっ飛んでいる。最高にポップなメロディに乗せて歌う内容は、誰もが目を逸らしたくなる日本経済や原発問題。そして、その解決策は愛する彼女の顔が見れればすべてがOK!と言い切る。この超絶楽天的考え方、どうしようもなく最高だ。サラバーズよ、この国をハッピーハッピー大国にしてくれ。

Text by 青木優太(@yuta_LTD)

【ジャケ買いレビュー】原なつの&清水夏海

こんにちは!
お花見も良いけど、ジャケ買いはいかがでしょう!?
久々のジャケ買いレビューです。あなたも未知の世界に飛び出してみては?



NightflyNightfly
(1993/04/21)
Donald Fagen

商品詳細を見る


 ジャケットに写っている男の手もと、その眼差し。レコード、マイク。擦れた感じの色っぽさに一瞬にして虜になってしまった。手にとったのは、Donald Fagenの『The Nightfly』。
聴いて3秒も経たないうちに、サウンドの懐かしさに心が躍った。リリースされたのは1984年、約30年前だ。しかしなんだろう、よく聴いてみると、懐かしいのに懐かしくないような不思議な気持ちになる。ジャズ・R&B・ソウル・POPなどの様々な要素を取り入れているが、アルバム自体のまとまりは文句なし。曲数が多すぎないのもちょうどよい。1曲1曲にちりばめられたちょっとした音が見事に役割を果たし、美しいハーモニーをいっそう引き立たせ、曲にきらめきをつけてくれる。ロマンチックで、都会のようなサウンドにうっとりしっぱなしなのだ。ポピュラーミュージックとは、こういうものなのだろうか。
ジャケット写真から湧きあがる期待を裏切らない作品。楽曲の質はいうまでもなく最高傑作だろう。今度はレコードで聴いてみたい。

Text by 原なつの(@natsu_notty



click here to downloadclick here to download
(2012/09/05)
Wonder World

商品詳細を見る


タワーレコード難波店の洋楽コーナーに足を踏み入れた途端、目が吸い寄せられたのが、この『click here to download』のジャケットのボスターだった。色とりどりの宇宙空間が、なんだかテクノっぽさを演出している。その実、幻想的なエレクトロサウンドのダンスミュージックであった。声は入っているが、サンプリング程度であるため歌詞カードは入っていない。聴いたままがすべての、音楽的な音楽である。
 さて、このWonder Worldの正体であるが、先に言ってしまうと、この人は日本人だ。「えっ、洋楽コーナーにあったのに?」。そうなのである。洋楽コーナーに置かれた、日本発の音楽なのだった。どこの国の、どんなところで作られたアルバムなんだろうと、何気なく眺めたクレジットには、大部分がローマ字表記された日本人の名前がずらり。素性を知ろうと、検索をかけて見つかったFacebookのファンページ(http://www.facebook.com/wonderworldisdead)を見てもらえばわかるが、やっぱりどう見ても日本人だ。
 「(外国人だと思っていたのに、)騙されたー!」と、ゲラゲラ笑いながらジャケットの裏を読むと、「Media Factory」の文字が。完全に日本製。JapanからWorldへ羽ばたく、Wonderな彼のデビューアルバムは、洋楽コーナーに置かれるほど、世界に通用するものとなっている。



Text by 清水夏海(@Spmpm72

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。